住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの支払いタイミングと注意点

住宅ローンの支払いタイミングと注意点

基本的な住宅ローン支払いのタイミングとは

基本的に住宅ローンは、新居が完成し建設会社からの引き渡しが行われた時点から実行されます。

これをローン実行と言い、このローン実行日から一定期間が経過すると、ローンの支払いがスタートします。

支払いが始まるタイミングは銀行によって異なりますが、多くが60日以内となっていて、具体的には、銀行が設定した返済日に、決められた金額を支払うことになるでしょう。

例えば3月20日に家の引き渡しが行われ、銀行が設定する返済日が28日だった場合、一回目の返済は3月28日となるため、家が建ってから8日後にローンがスタートすることとなります。

このとき銀行側で、「ローン実行から60日以内を第一回目の支払とする」という決まりがあった場合は、一回目の支払を4月28日に延長することも可能です。

余裕をもって返済を始めたい場合は、いつからスタートしたいかを銀行側に伝えることで、返済開始時期を遅らせることができます。

ただし、ローン実行から30日以内を第一回目の支払と定義している銀行もあるため、この場合は注意が必要です。

このように、住宅ローンの支払いタイミングは、銀行によって異なりますが、おおむね1日~60日の間で一回目の支払が行われます。

またほとんどの銀行が、返済日を月末に設定しているので、月初めに新居の引き渡しを行うことで、比較的余裕をもって返済を開始することが可能となります。

ただし契約によって異なる場合もあるため、詳細は銀行の担当者に確認するとよいでしょう。

注文住宅の注意点

基本的には、新居の引き渡し後に住宅ローンの返済がスタートしますが、注文住宅を購入する場合は例外です。

注文住宅の場合は、土地を持っているか、購入するかによって返済のタイミングが異なり、もし土地の購入を検討している場合は、注意が必要となります。

というのも、土地の購入には新居用の住宅ローンを使用することができないからです。

ほとんどの場合、土地の購入用に別のローンを組むため、土地だけ先に持っていることによって、新居が完成する前からローンの支払いが発生します。

ただし、住居完成前の支払いが難しい場合は、つなぎ融資と呼ばれるローンで回避する方法もあります。

住宅ローンの実行前に、まとまったお金が必要な場合、住宅ローンを結ぶことを条件に一時的な融資が可能です。

またこのとき受けた融資は、住宅ローンが実行されると、そのなかに組み込まれ月々の返済としてスタートします。

また土地以外でも、注文住宅の場合は、大きく3つの返済タイミングがあります。

一つ目は、着工前の支払いです。これは頭金のようなもので、着工前に工務店に支払う必要があります。

二つ目は、着工途中での支払いです。着工途中の支払は工務店によって、一回の場合と複数回の場合があります。

三つ目は、住居を引き渡すタイミングでの支払いです。これは一般的な住宅ローンと同じ形式での支払いとなります。

まとまったお金がある場合は、これらの3つをローンを組まず支払うこともできます。

もし支払いが困難な場合は、土地と同様に、つなぎ融資によって支払いを行うことが可能です。

引っ越しの注意点

新居を購入するにあたって、最も大切なことの一つに、引っ越しのタイミングが挙げられるでしょう。

新居が完成し、引き渡しが完了すると、たとえそこに住んでいなくても住宅ローンの返済がスタートします。

よって現在の住居の家賃を支払っている場合には、二重の支払いが発生してきます。

二重の支払いは家計を大きく圧迫するため、新居の引き渡しが完了したら、できるだけ早いタイミングで引っ越しを行うことがおすすめです。

タイミングよく引っ越すためには、二つのポイントがあります。

一つ目が、引っ越ししたい時期を具体的に決めて、そこに合わせて建設計画を立てる点です。

もし子どもがいる場合は、保育施設や学校などの手続きを考えると、4月が最適です。

工務店によっては、建設のスピードや引き渡しの時期を調整してくれることもあるため、一度相談してみるとよいでしょう。

上記のように、予定していた時期に受け渡しができればよいですが、想定通りに進まないケースもあります。

そこでもう一つのポイントとなるのが、ホテルやマンスリーマンションなどで、一時的に生活を送る点です。

現在の住居が賃貸で、更新のタイミングと重なった場合は、ホテルやマンスリーマンションなどの方が割安となる場合もあります。

また施工ミスによって引き渡しの時期が遅れた場合、工務店が補てんしてくれることもあります。

住宅ローンの内容は銀行によって異なり、契約もケースバイケースです。

しかし、新居完成後できるだけ早いタイミングで引っ越しをすることで、無駄な費用を押さえられる点は共通しています。

CHECK今月最も申込みが多かったイオン銀行の住宅ローン↓↓

イオン銀行バナー

掲載金融機関

フラット35の掲載金融機関

この記事を読んだ人におすすめ