住宅ローンの金利

住宅ローンの固定金利

住宅ローンを借り入れる時、まず迷うのが固定金利にしようか、変動金利にしようかというところではないでしょうか。

現在は住宅ローンの金利も低いですので変動金利に比べると固定金利の方が金利が高いですよね。

ですから、金利の低い変動金利を選択される方も増えているようですが、現在は変動金利の方がお得だったとしても金利が上昇すれば住宅ローンの金利も刻々と変わってきますので、変動金利が固定金利を上回るという可能性も大いに考えられます。

固定金利については3年、5年、10年、15年と金融機関によって返済期間は異なるものの、トータル的に見ても固定金利を選んだほうが無難であると言われています。

だからといって、こればかりが答えなわけではなく変動金利とよく比較をしながら固定金利の良さなどを把握していくことが大切です。

最近では、35年間金利が変わることがなくフラット35という住宅ローンも登場しています。

確かにフラット35などは金利が高く設定されているところもあるのですが、たとえ金利がかなり上昇したとしてもフラット35なら金利が変動することはありませんので、場合によってはお得に住宅ローンを借り入れることができるかもしれないのです。

いわば固定金利にするのか変動金利にするのかは賭けのようなものなのかもしれません。

この記事を読んだ人におすすめ