特集

金利・諸費用・返済しやすさで総合判断|今一番お得な住宅ローンの選び方3番勝負!

住宅ローン 選び方

今一番お得な住宅ローンの選び方

住宅ローンを組むということは巨額の借金を抱えることです。

借入金が数千万円にもなる住宅ローンでは、わずかな金利の差が総支払額では大きな金額となって跳ね返ってきますので、とりあえず毎月支払ってればいいという考えは捨てましょう。

スキあらば繰り上げ返済!少しでも早くローン完済を目指すべく計画を立てるのです。

変動金利などとにかく低い金利を選ぶ

変動金利は、長期固定金利と比べて圧倒的に低金利です。

固定金利自体、銀行側のリスクをこちら側が負担しているようなものですし、まだ当分金利上昇局面には入らないでしょう。

イオン銀行の変動金利は今年(2014年)6月から更に下がっているくらいです。

いわゆる「諸費用」のなるべく低い銀行を選ぶ

住宅ローンを組むときには保証会社の保証料や事務手数料がかかってきます。

これらの費用が実はなかなかのクセモノで、合計すると数十万~100万程度となることが一般的。

最近は保証料や手数料がかからない夢のような銀行もありますので、じっくりと調べてみることをおすすめします。

繰り上げ返済を気軽にできるかどうか

冒頭にも書きましたが、少しでも早く住宅ローンを完済するためには余剰ができたときにこまめに繰り上げ返済をしていくこと!

ただ、一般的に住宅ローンの繰り上げ返済には手数料がかかってしまうことが多いのが難点なのですが、繰り上げ返済手数料がゼロという銀行も増えていますのでこれはチェックするしかないでしょう。

徹底比較!銀行別住宅ローン商品スペック

銀行名 金利 保証料 一部繰上返済手数料 金利優遇条件
イオン銀行 1位0.470% 無料 無料(50万円~) なし
楽天銀行 0.507% 無料 無料(100万円~) 給与振込口座指定
住信SBIネット銀行 0.457% 無料 無料(1円~) なし
新生銀行 0.600% 無料 無料(1円~) なし
中央ろうきん 0.775% あり 無料 会員、給与振込口座指定
JA東京中央 0.775% あり 5,400円 給与振込口座指定
メガバンクM 0.775% あり 4,320円~21,600円 給与振込口座指定

※変動金利のみで比較

今月のイチ押し住宅ローンはイオン銀行

イオン銀行(320x200)

イオンのグループ会社の金融機関・イオン銀行の住宅ローンは、保証料無料繰上返済手数料無料団信保険料無料などの特徴と、イオン銀行ならではのうれしいサービスが受けられるお得感の多い住宅ローンです。

融資実行までの手続きは、全国110点店舗以上のコールセンターで住宅ローン専門のスタッフが365日年中無休で対応してくれるので、検討されている方は無料サポートを受けることをおすすめします。

詳細ページ公式ページ

こちらも人気の住宅ローン

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

変動金利
固定金利
(当初型10年)
0.457%
1.210%
  • 変動金利と固定金利特約の二つを自由に組み合わせ
  • 団信・8疾病保障の保険料、一部繰上返済手数料無料

公式ページ

りそな銀行

りそな銀行(320x200)

変動金利
固定金利
(当初型10年)
0.429%
0.750%
  • 保証料・団体信用保険料0円
  • 3大疾病、16の特定状態、所定の要介護状態に該当した場合住宅ローン残高0円
  • 一部繰上返済手数料0円

公式ページ

(2018年12月適用金利)