住宅ローンの審査について

ネット銀行住宅ローンメリットとデメリット!審査は厳しい?

金利の良さや、商品の多様性でネット銀行の住宅ローンを検討する人も多いでしょう。

ネット銀行は店頭に行く必要もなく、手続きが済ませられる手軽さのメリットの反面、実は審査が厳しい側面もあります。

ネット銀行住宅ローンのメリットとデメリットを紹介します。

検索結果が上位≠人気がある

「住宅ローン」のワードでネットを調べると、ネット銀行が検索順位の中でも上位で引っかかります。

これは、決して皆が選んでいるからではなく、単にネット銀行はSEO対策に長けており、それ相応の広告料を払っているからです。

住宅ローンを借りた人に聞くと、選んだ理由は不動産会社の営業に勧められたからであったり、日頃の給与振込の口座がありメインバンクだからといった理由が多いです。

不動産会社の提携銀行は基本的には、地方銀行やメガバンクであり、営業から住宅ローンにネット銀行を勧めてくることはほぼありません。

つまり、ネット銀行は自分で検討して、このネット銀行のこの住宅ローンにしたいという意思表示をしなければ選ぶ機会はありません。

自分で情報収集することが必要です。

ネット銀行のメリット

金利が良いということや、繰り上げ返済が手軽にできるという点が挙げられます。

自分のペースで手続きが進められるといったような忙しい人に向いている面もあります。

1つずつ見ていきましょう。

金利が低い

店舗の経費がかからない分、審査の回答は早いが、手続きは遅い住宅ローン金利が低く抑えられているので、低金利は選んだ人の一番の理由でしょう。

長期の固定金利よりも、変動金利が特に低い傾向にあるので、 変動金利でとにかく金利を最優先で考えている人には有利です。

繰り上げ返済が手軽

繰り上げ返済も少額から少しずつ、手数料無料でできることが多いので、コツコツ繰り上げ返済をして早めの完済を目指す人にも使いやすいといえます。

給与振込口座からお金が移動できる

ネット銀行でも使いにくい面はあり、給与振込口座がメガバンクで、ネット銀行は住宅ローン以外に利用を考えていないときが挙げられます。

ネット銀行を現在も給与振込口座にしている人は多くないでしょう。

そこで、ネット銀行はこうした状況をカバーすべく、給与振込口座からのネット銀行への資金移動が自動で手数料無料でできるところがあります。

無料の資金移動を利用すれば、手間もありません。

メインはメガバンクを使いたいけれど、住宅ローンだけはネット銀行にしたいというケースも使いやすくなります。

保証料がかからない

ネット銀行で住宅ローンを申し込む際、保証会社を通していないネット銀行であれば、保証料がかかりません。

ただし、その場合は、事務取扱い手数料が借入額の2%かかる場合が多いので、保証料ありのときとそれほど大きな諸経費の節約にはならないかもしれません。

一部に保証料ゼロかつ、手数料が10万円程度のみのネット銀行もあり、このときは諸経費を減らせることもあります。

あわせて読みたい
新生銀行
新生銀行の住宅ローン返済期間がどんどん短くなる新生銀行の繰上返済 借り入れ後のライフプランの立てやすさを重視し「元利均等返済」を取り扱っていま...

自由な時間に手続きができる

ネット銀行は、web上で手続きができるので、店頭に行く時間だったり、手続きの書類を準備するなどの手間が最小限で済ませることができます。

忙しい人にとっては、これが一番のメリットかもしれませんね。

今は多くのネット銀行で、ほとんどの手続きがネット完結ですが、1回は来店が必要な時もあります。まったく来店不要のネット銀行もあります。

来店のタイミングとして、住宅ローンには、事前審査、本申込、契約の3つの手続きがあります。

事前審査には来店の必要はありませんが、メガバンクや地方銀行住宅ローンでは、契約のときは窓口の営業時間内に来店が必要と言われることもあり、平日に時間が作れない人にとっては、ネット銀行は助かります。

ネット銀行のデメリット

住宅ローン手続きが不安な人や、審査に不安がある人は不動産会社が勧めてくる銀行が正解です。

だいたい不動産会社はなんとか審査を通してくれる銀行を持っているので、お任せした方がいいこともあります。

自分ですべて行うことが原則

不動産会社の営業におススメしてもらえることもないので、ネット銀行については情報を得るためには、自分で調べて審査も書類の郵送でやり取りをすることになります。

対面で住宅ローンの相談をできないわけではありませんが、来店を想定していないネット銀行のデメリットとして、店舗の数が限られるので、お住まいによっては、ネット銀行の店舗が遠いこともあります。

ネット銀行では、コールセンターで質問を受け付けるというやり方が基本です。

審査が厳しい

ネット銀行は、メガバンクなどと比べても審査基準が厳しい言われています。

住宅ローンの原則ですが、勤続年数・年収・個人信用情報・健康が大きな審査基準です。

すべてが揃っている人は問題ありませんが、例えば、年収が一人では足りないが、配偶者のパート収入があるパターン。

この状態は、地方銀行なら審査が十分通せる人です。しかし、ネット銀行では通らない可能性があります。

住宅ローンの審査は源泉徴収票で年収を、保険証で勤続年数を確認、個人信用情報でブラックリストではないか調べます。

貸し出す人に問題がないか、書類の情報で審査するのです。ネット銀行はこの情報を厳しく審査します。

一方で、地方銀行のように対面で審査する住宅ローンでは、両親が近くに住んでいて助けが見込める、配偶者は育休中だが、復職予定といったような、書面にはできない事情も汲んで、デメリットをカバーできるようなものがあれば、審査を通してもらえます。

また、地方銀行の住宅ローンは担当者の力量によって合否が左右されることもあり、内容が難しい人でも担当者によっては、通してもらえることがあるのです。

このように、審査が厳しくなりそうな人は、地方銀行が向いています。

地方銀行では、最優遇金利は出せないが、やや金利が高くなったり、保証料を割高にすることで住宅ローン審査を通すというような妥協案も出してもらます。

ネット銀行では、条件に合わない人は不合格になってしまい、こういった柔軟な対応をしてはもらえません。

ただし、ネット銀行では例外的に条件から一部外れても、年収が高い人は審査が通るので、年収が十分にある人は、条件をすべて満たせていなくても、問い合わせる価値はあるでしょう。

しかし、逆に年収が条件を満たせないというのは致命的なので、その時はネット銀行は諦めた方がいいかもしれません。

また、審査の厳しさは、保証会社の有無によっても異なります。

保証会社とは、簡単に言うと連帯保証人です。

住宅ローンでは、保証会社を使う(保証料がかかる)場合と、保証会社なし(保証料ゼロ円のとき)では、保証会社なしの方が審査が厳しくなる可能性があります。

保証会社は銀行から見ると、万が一返済が滞ったときに債務を立て替えてくれる役割があります。

借入人にとっては、保証会社に立て替えてもらったときは、今度は保証会社に返済をしなければならなりません。借入人にとっては、保証会社がいてもいなくても借りたら返すのに変わりありませんが、銀行にとっては最悪のときでも、貸し倒れリスクを負わないという点で保証会社の存在が大きいのです。

保証会社がないパターンは、リスクを銀行が負うことになりますから、銀行も貸し出す相手は慎重に選びたい(審査が厳しい)と思うのはなんとなく理解できますね。

審査の回答は早いが、手続きは遅い

ネットを使うのだから、手続きもスムーズで使いやすいイメージがあるかもしれません。

しかし、実はネット銀行は3月末など、繁忙期になると、「通常よりも時間がかかります」と言われることもザラです。

3月は住宅ローンの書き入れ時ですが、時間がかかるから待ってくださいというのは、ネット銀行くらいです。

メガバンクや地方銀行は最速で手続きを進めれば、3週間あれば最初の申し込みから融資実行までできます。

ネット銀行では、最低でも1ヶ月以上は余裕がないと手続きが間に合いません。

住宅ローンが実行できる日=物件の引き渡し日になるので、住宅ローンの手続きを進めていたら、間に合わないことが分かったということにならないよう、スケジュールが適切か考える必要があるのです。

保険で事前審査をするのもアリ

ご覧のように、ネット銀行では想像よりも時間がかかる、他の銀行では通ったのに何故か落とされたというようなイレギュラーが発生することもあります。

事前審査まではいくつかの銀行で審査をしておくのもアリなので、審査が不安な人は、本命がネット銀行でも、保険としてメガバンクや地方銀行のように不動産会社に勧められた銀行でも審査しておくと良いでしょう。