住宅ローンの借り換え

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの借り換え

住宅ローンを借り換えする事に置いて、どんなメリットがあるのでしょうか。

まず一番言われているのが総支払い利息額が減るという点ではないかと思います。たとえ0.1%だけでも金利が下がれば借り換えを検討してみる余地は十分にあると言えるのですが、住宅ローンを借り入れているすべての方が、借り換えを検討した方が良いかと言えばそれは違います。

住宅ローンの支払い期間が10年以上あって残金が1,000万円以上、今現在の住宅ローンが比較している金利よりも1%以上差がある場合などはぜひ、借り換えを検討してみましょう。

たとえば、残り10年で1,000万円以上残金があり、金利が1%の時の支払いの利息額は52万円になります。ということは、金利が1%下がれば52万円の利息が減るということですから、ムダにローンを支払わずに済むというわけです。

ただし、借り換えを行う際にも諸費用が発生することがほとんどですから、その諸費用を含めて借り換えをする事にメリットがあるという方は、どんどん検討をしていくと良いと言えます。諸費用は一般的に30万円~40万円の間と言われていますので、その分を差し引いてお得になる場合は、借り換えにおけるメリットを受けることができます。

CHECK今月最も申込みが多かったイオン銀行の住宅ローン↓↓

イオン銀行バナー

掲載金融機関

フラット35の掲載金融機関

この記事を読んだ人におすすめ